双六工場日誌

平凡な日常を淡々と綴ります。

【まとめ】エンジニアサポートCROSS 2015 に参加してきた #cross2015

すでに会場で書いた分を速報としてブログにもアップしていますが、1/29 に行われた「エンジニアサポートCROSS 2015」に参加してきました。

f:id:sechiro:20150129200224j:plain

  • 会場前に停泊していた「ASUKA 2」

CROSSは、今年で4回目になるイベントで、様々な分野のエンジニアやコミュニティが一堂に介して交流するイベントです。毎年年明けすぐにやっているので、東京で活動するIT勉強会の合同新年会みたいな面もあったり。

いろいろな人が集まるので、毎年新しい発見があり、また、しばらく会っていなかった人との旧交を温めたり、個人的にはWebエンジニア版のコミケ*1のような位置づけになっています。

去年までは、新宿ベルサールでの開催だったのですが、今年は場所を変えて横浜の「横浜港大さん大ホール」での開催。主催のところをよく見ると、今年は「横浜市経済局」とか「一般社団法人 神奈川県情報サービス産業協会」とか地元とかの地元の団体も後援に入っていました。

参加したセッションのうち、最初の2つは会場にいるうちに速報だけ書いていたので、そちら参照。こういうのは、あとになればなるほど億劫になって、かつ、記憶が薄れて書きにくくなってしまうので、サクッとやってしまうのが大事ですね。

【速報】CROSS2015「女子大生UXデザイン概論」に参加してきたので、偏った視点でメモ - 双六工場日誌

【速報】CROSS2015「Webアプリケーションから機械学習まで ~ PythonとPythonコミュニティの2015年大展望」のメモ - 双六工場日誌

このエントリは、上記のエントリの続き兼参加報告まとめのエントリです。

Twitter の #cross2015 のハッシュタグを追っていると、続々と参加ブログが増えていますが、そちらについては公式のまとめページができるようです。ページができたら、そのURLを追記します。

*1:コミケに継続的にサークル参加していると、コミケは新しい本を買うと同時に、知り合いの近況を聞いたりする社交の場みたいになるんですよね

続きを読む

【速報】CROSS2015「Webアプリケーションから機械学習まで ~ PythonとPythonコミュニティの2015年大展望」のメモ

f:id:sechiro:20150129140056j:plain

CROSS 2015、ランチセッションのあとは、Webアプリケーションから機械学習まで ~ PythonとPythonコミュニティの2015年大展望に参加してきました。

すでにTogetterがまとめられていたので、ツイートはこちら。

CROSS2015「Webアプリケーションから機械学習まで ~ PythonとPythonコミュニティの2015年大展望」 - Togetterまとめ

野球クラスタ(仮)の話だけはすでにスライドが上がっていました。

Python野球クラスタの紹介

セッションの内容は、日本国内のPythonコミュニティの網羅的な紹介でした。Pythonを仕事で使っているものの、これまでPythonコミュニティに参加したことがなかったので、それをまとめて聞けたことが個人的には収穫です。

PyLadiesという女性Python使いの国際的なコミュニティがあって、その日本国内のコミュニティの立ちあげを今年新卒で就職したデータサイエンティストの女性がやっているというのが衝撃でした。

f:id:sechiro:20150129142249j:plain

f:id:sechiro:20150129142312j:plain

登壇者と、それぞれが属しているコミュニティは、セッションページを参照。

ビールの時間が来たので、一旦ここまでで。

【速報】CROSS2015「女子大生UXデザイン概論」に参加してきたので、偏った視点でメモ

Crossの会場は、大さん橋ふ頭の最先端にある「大さん橋ホール」。

海や客船が見られたのにはテンションが上がりましたが、駅から遠くて、海風が冷たかった。

f:id:sechiro:20150129110506j:plain

  • たまたま停泊していた客船

f:id:sechiro:20150129110513j:plain

  • ふ頭の先端に至る果てしない道

「女子大生UXデザイン概論」の内容

セッションが終わった直後ですが、速報的にメモってみます。

正直、タイトルに釣られていったので、何の企画かよくわかりませんでしたが、女子大生とエンジニアの生活を比較して、視点の違いを考えてみようという建前の企画でした。そのほかのところは会場限定で。

続きを読む

EBSボリュームにアタッチされているEC2インスタンスと同じタグを付けて、「Cost Explorer」や「Resource Group」でのグループ化を助けるスクリプトを書いた

昨年AWSから発表された「Cost Explorer」と「Resource Group」の機能を活用するに当たって、こういう需要はそこそこあると思ったので、表題の通りの簡単なスクリプトのメモっておきます。

前回のエントリ前々回のエントリの実利用例になっています。

ただ、このスクリプトではプロセスフォークのコストよりも、AWS CLIの実行コストの方が全体に占める割合が圧倒的に大きいので、手早く書ける以上にあえてsetでリソースを節約する理由はそれほどないですね。。。*1

前々回エントリ「AWS CLIとjqを使って、AWSのELBボリュームがアタッチされているEC2インスタンス名を出力するワンライナーを書いた - 双六工場日誌」では、EC2インスタンスから「Name」タグを抜き出ししていますが、今回はAWSの「Cost Explorer」のサンプルにある「Cost Center」を抽出対象のタグとしたいと思います。また、インスタンスIDは結果の正しさを確認するためには必要ですが、タグ付けには不要なので、このスクリプトでは省略し、EBSのボリュームIDだけ抜き出します。

そして、それと同じタグをEBSにもつけて、Cost Explorerで、EBSも含めたEC2コストも見られるようにするという寸法です。また、EC2インスタンスにはすでに「Cost Center」のタグが付いていて、Cost Explorer上で、そのタグ別集計の機能が有効化されていることを前提とします。こちらの設定方法はAWSのドキュメントに書かれているので、ここでは割愛。

前置きが長くなりましたが、スクリプト本体は以下の通り。

#!/bin/bash
set -ue

tag_list=`aws ec2 describe-instances | jq -r '.Reservations[].Instances[] | .BlockDeviceMappings[].Ebs.VolumeId + " " + ( .Tags[] | select(.Key == "Cost Center")|.Value )'`

echo "$tag_list" | while read line
do
    set -- $line
    aws ec2 create-tags --resources $1 --tags Key="Cost Center",Value=$2
done

たったこれだけですが、これでインスタンス作成時にタグを付けておけば、それと関連するボリュームをまとめてみたり、コストを集約したりできるようになります。「Resource Group」と一緒に「Tag Editor」機能も追加されていますが、EBSのボリュームを一つひとつつけるのはちょっと手間なんですよね。

上記では同期するタグは固定値にしましたが、ユースケースによっては引数にして、同期するタグを実行時に決めてもいいかなと思います。ただ、その場合は途中の"set --"でpositional parameterが書き換わってしまうので、スクリプトの最初で引数を別の変数に入れておく必要があるので、その点はご注意ください。

今日はこの辺で。

*1:プロセスフォークで死ぬ例で出せそうなものを考えてみましたが、プロセスフォークが多くなるスクリプトはそもそもデータの使い方の時点でダメなところが多いので、変数を分解するところだけでわかりやすくするものがうまくできず…

シェルスクリプトの中で1行ずつ変数を分割する際には、cutとかawkとか余計なプロセスを起動せずsetを使って分割した方が効率的

シェルスクリプトの中で、スペース区切りもしくはタブ区切りのレコードを扱うことがよくあると思います。

たとえば、前回のエントリ「AWS CLIとjqを使って、AWSのELBボリュームがアタッチされているEC2インスタンス名を出力するワンライナーを書いた - 双六工場日誌」のスクリプトの出力は以下のようになります。

i-ec56a9f5 vol-07d00601 servername

i-ec56a9f5 vol-8f550991 servername

このようなレコードの特定の列を取り出して、処理する際にどうするのが効率的か、というのがこのエントリのお題です。

非常に古い話題なので、昔からシェルスクリプトを書いている人には自明な話ではありますが、最近、シェルの標準機能の話を聞く機会がなく、失われつつある技術になってきている気がしているので、改めて確認ということで。

例として挙げたレコードから最初の1列目(インスタンスID)だけ取り出したい時、たとえばこんな方法があります。

line="i-ec56a9f5 vol-07d00601 servername"

instance_id=`echo $line | cut -d' ' -f1`
volome_id=`echo $line | cut -d' ' -f2`
instance_name=`echo $line | cut -d' ' -f3`

こうするとフィールドの切り出しごとに新しく"cut"のプロセスが起動されるため、ワンライナーや実行回数の少ないバッチ処理用のスクリプトの場合はいいのですが、監視スクリプトのような一定の頻度で呼び出されるものは、その差がボディーブローのように効いてくることがあります。

このようにプロセスフォークのコストが無視できない場合は(下線部追記)、シェルスクリプト内で各フィールドの値を使う場合は以下のように"set"で分割しましょう。

line="i-ec56a9f5 vol-07d00601 servername"

set -- $line
instance_id=$1
volome_id=$2
instance_name=$3

ここで使っている$1、$2、$3といった変数は"the positional parameters"と言われるもので、シェルスクリプトでは、スクリプトや関数の引数を参照する際に使っていることが多いと思います。この変数は"set --"のあとに、スクリプトの引数のようなイメージで、空白区切りの文字列を入れるとシェル内で再設定することができます。(シェルスクリプトの引数として与えていた値は消去されます)

この2つで、どれだけの差が出るのか、以下のような簡単なベンチマークを取ってみました。実行環境は、僕のMBA 2012です。

続きを読む

AWS CLIとjqを使って、AWSのELBボリュームがアタッチされているEC2インスタンス名を出力するワンライナーを書いた

件名の通りのAWSのELBボリュームがアタッチされているEC2インスタンス名を、AWS CLIで取得しようと思ったら、ちょっと手間取ったので、その結果をワンライナーにしたメモ。

結果はこちらです。こういうワンライナーになったのは、"join"コマンドを使ってみたかったという雑念も半分ぐらいありますね。

join <(aws ec2 describe-volumes | jq -r '.Volumes[].Attachments[] | .InstanceId + " " + .VolumeId' | sort) <(aws ec2 describe-instances | jq -r '.Reservations[].Instances[] | .InstanceId + " " + ( .Tags[] | select(.Key == "Name")|.Value )' | sort) 

"join"コマンドを使わない別解はこちら。上は、ボリュームの情報から撮り始めてしまっていましたが、EC2の構成情報を見たら、そちらに必要な情報がすべて入っていたので、上のようにトリッキーなことをしなくても大丈夫でした。

aws ec2 describe-instances | jq -r '.Reservations[].Instances[] | .InstanceId + " " + .BlockDeviceMappings[].Ebs.VolumeId + " " + ( .Tags[] | select(.Key == "Name")|.Value )'

実行の際には、AWS CLIとjqが必要なので、事前にインストールして、AWS CLIからAWSの適切なリージョンにアクセスできるようにセットアップまで済ませておいてください。AWS CLI自体のセットアップ方法は、いろいろなブログに書いてあると思うので、ここでは割愛します。

結論はここまで。以下は、詳細説明です。

続きを読む

Ansibleを使い出す前に押さえておきたかったディレクトリ構成のベストプラクティス

Ansibleのディレクトリ構成を決める際、プロダクション環境、ステージング環境、開発環境といった環境ごとに異なる設定を変更する方法でしっくり来るものを思いつかず、どうしたものかと悩んでいたのですが、今日見つけたブログ記事でそれもスッキリ解消したのでメモっておきます。

結論

まず結論を。プロダクション環境、ステージング環境、開発環境といった環境ごとに異なる設定する場合は、以下のように対応するのが良さそうです。

  • ディレクトリ構成は、公式ドキュメントに従う。

Best Practices — Ansible Documentation

  • プロダクション、ステージング、開発など、ステージごとの変数切替は以下のブログを参考に、"group_vars"を利用して行う。
    • インベントリファイルの中に、"[production:children]"のようなグループすべてが属するグループを作ってしまい、そのグループに対応するファイル("group_vars/production"など)を作成する。

Multistage environments with Ansible – Ross Tuck

同じ悩みを持っていて、ここまでの内容とリンク先を見て納得した人は以上で、このエントリで伝えたかったことは終わりです。

悩んでいたこと

これだけではあっさりしすぎなので、悩んでいた内容も書いておきます。

Ansible公式のディレクトリ構成のベストプラクティス

Ansibleの公式ドキュメントの「Best Practice」には、以下のようなディレクトリ構成が掲載されています。

ポイントは、以下のような感じ。

  • 役割ごとにPlaybookは1つ。”site.yml"は、サイト全体のPlaybookで、役割ごとのPlaybookをincludeするのみ
  • プロダクション、ステージングなど、環境ごとにインベントリファイルを作成する
  • タスクの中身は、roleに書き、役割ごとに用意したPlaybookで利用する。
  • 変数は、group_vars, host_varsで設定(ただし、host_varsの利用はできるだけ避ける)

Best Practices — Ansible Documentation

続きを読む