読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双六工場日誌

平凡な日常を淡々と綴ります。

コミケ3日目 東“O”-31b にて『プロジェクト体験ゲーム 進捗どうでしょう?』をリリースします。 #C88

サーバ擬人化ユーザ会ですが、無事に新作を入稿して、データにヘマをしていなければ出せると思うので、取り急ぎブログで告知。余裕があれば、告知ページを作りますが、どこまで頑張れるかわからないので。

頒布日程と場所は以下のとおりです。

【日程】2015年8月16日(日)・コミケ3日目

【スペース】東“O”-31b (Webカタログへのリンク・要ログイン)

【頒布物】 C88新作・『プロジェクト体験ゲーム 進捗どうでしょう?』(予価500円)、ほか既刊

 SELinuxシールがそれなりに残っているので、会場で買ってくれた人にはSELinuxシールもおまけでつけると思います。

 また、今回も前回と同様「ちゃんおぷ」との合同サークルになっております。

 ゲームとしては、毎ターン進捗を問われ続けながら、虚実交えつつ進んでいかないといけない誰も得しない感じのボードゲームです。(注:「プロジェクト体験ゲーム」と題していますが、現実のプロジェクトとは一切関係ありません)

ストーリーと基本ルールはこんな感じです。

『プロジェクト体験ゲーム 進捗どうでしょう』

f:id:sechiro:20150813174048p:plain:w150:left

ストーリー

 20XX年、プロジェクトは炎上の炎に包まれた。

 達成不可能と思える要件に、メンバーのやる気は枯れ、予算は割れ、あらゆるエンジニアは絶滅したかに見えた。

 しかし、プロジェクトマネージャー(PM)はその失敗を認めていなかった…! 

* * *

 ここは、とあるITベンダ。ITバブルに乗って成長したが、最近の業績はパッとしない。先日、それを巻き返そうと無理をおして受注した案件は無理難題ばかり、しかも、顧客との窓口になっているPMは技術音痴で、顧客との調整すらままならない。

 そんなある日、PMから緊急ミーティングの招集がかかった。日々悪化するプロジェクトの現状を目の当たりしていたエンジニア達は、誰もがそのミーティングでプロジェクト計画そのものが見直されるものだと思っていた。

 しかし、ミーティングでは、PMはそのようなことに全く触れることなく、ただ、次のように言い放った。

 「みなさん、ご存知の通り、先日からプロジェクトが全く計画通りに進んでいません。それはひとえにみなさんが計画を持って作業を進めていないからです。これからは、毎日必ず進捗を報告してください。また、念のため言っておきますが、今は会社の危機です。報告の際に、進捗がない場合はどうなるかわかっていますね。みなさんの奮闘を期待しています。私からは以上です」

 ―誰もが思った。…やばい、これ、アカンやつや……。

 これを聞いたエンジニアたちは、みな頭を抱えてしまった。顧客と要件すらまともに話し合えない中、まともに仕事を勧められるはずがない…。

 しかし、今のところ目先を食っていくあてもなく、今すぐに仕事がなくなってしまうのは困る。どうせPMは技術のことなんかわかりゃしない、なら、進捗なんて適当にごまかしておけば当面はなんとかなるだろう。とにかく、今はうまく立ちまわって、プロジェクトが終わるまでやり過ごすしかない。

「進捗 or die」

―俺達の闘いが始まる。

■ゲーム内容

◎ゲーム概要

 本作は、ブラフゲームの名作「CiaoCiao」をオマージュした、ITプロジェクト体験ゲームです。

 プレイヤーは毎ターン、進捗を報告し、その分だけコマを進め、プロジェクトのゴールを目指します。

 ただ、プロジェクトマネージャーは技術に関しては全く素人なので、適当な進捗をごまかして先に進むことができます。ただ、周りのエンジニア(他のプレイヤー)からツッコミが入ったら、その時点で嘘がバレて、プロジェクトから追放されてしまいます。

 適当に進捗をごまかしつつ、プロジェクト完了まで逃げ切ってください。

◎ゲーム時間の目安とプレイ人数

1ゲームの所要時間(目安): 30分〜60分

対象年齢: 全年齢(12歳以上推奨)

プレイ人数: 1人〜4人

続きは、紹介ページか現地にて。

追記