読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双六工場日誌

平凡な日常を淡々と綴ります。

Strata + Hadoop World 2014 in NYC に参加してきた。

2014/10/15-17の日程で開催された「Strata + Hadoop World 2014」に参加してきたので、見たセッションとざっくりとした感想をメモ。

発表者の録画ビデオやスライドはこちらにあるので、詳細が知りたい方はこちらへ。現時点では、スライドやビデオがないセッションも結構ありますが。

今回Strata + Hadoop Worldのセッションは、以下のテーマにわかれていました。

  • Business & Industry
  • Data Science
  • Data-Driven Business Day
  • Design & Interfaces
  • Hadoop & Beyond
  • Hadoop in Action
  • Hadoop Platform
  • Hardcore Data Science
  • Law, Ethics & Open Data
  • Security

この中で、自分に取って新鮮だったテーマは「Law, Ethics & Open Data」。2日目のClouderaのChief TechnologistのEli Collins さんのお話などは、このテーマ、ド直球のお話で示唆に富んでいたと思います。

聞いていないセッションの方が多いので、全体は把握しきれないところがありますが、全体的な印象としては事例紹介では単純なHadoop導入事例はなくなって、具体的なビジネスでのデータ分析の活用を中心としたセッションにシフトし、技術的なセッションでは、機械学習など高度分析や処理基盤全体アーキテクチャ、Spark等の新しいプロダクト紹介など、より高度なものが多くなっているように思いました。

個別プロダクトでは、Spark関連のセッションが多く、かつ、どれも人が多く集まっていて関心の高さを感じさせました。YARNの活用事例*1は、Tez + Hiveが注目されていましたね。

自分が参加したセッション

自分が参加したセッションは以下のものです。面白そうなものが多かったので、体がひとつしかないのが悔やまれます。

1日目(午後から)

2日目

3日目

個別のものは、とても感想が書ききれないので、取り急ぎ、見たものリストのみで。

追記

そういえば、ミュージカルを見た後に締めのラーメンを食べようと思って、ニューヨークの一風堂に行ったら激混みでラーメンを食べそこねました。。。

f:id:sechiro:20141024002454j:plain

*1:SparkはYARN上でも動かせますが、一旦別扱いで